社紋アイコン厄除け祈願

ご祈祷は個人やご家族、企業、団体の方よりお申し出に応じてご奉仕を承っております。
毎日午前9時~午後5時の間に、ご来社またはお電話にてご予約をいただきお申込みいただけます。
社殿でのご祈祷・神社の外で行うご祈祷など、各種ご祈祷をご奉仕させていただいております。気兼ねなくご相談下さい。

厄払い

毎年2月3日の節分の頃は、厄年祓いをお受けになる参拝者で、境内は賑わいます。
お祓いを受け、神前に祝詞を奏上し、祓符という人の形をした紙(人型)に災いを移し、焚き上げます。
その際、お守り、お神札、長寿箸、ちから餅、福豆を差し上げます。
男性の25才、42才、61才、女性の19才、33才、37才は、厄難の起こる事が多く、厄年とされています。
厄難は日々の生活で知らず知らずのうちに身についた、罪・穢れがたまることにより、生命力が衰えるために起こるといわれています。
人生の節目の年に、心身を祓い清めて、すがすがしい気持ちで生活しましょう。

令和2年 厄年一覧

性別

前厄

本厄

後厄

男性

24才
平成 9年生

41才
昭和 55年生

60才
昭和 36年生

25才
平成 8年生

42才
昭和 54年生

61才
昭和 35年生

26才
平成 7年生

43才
昭和 53年生

62才
昭和 34年生

女性

18才
平成 15年生

32才
平成 年生

36才
昭和 60年生

19才
平成 14年生

33才
昭和 63年生

37才
昭和 59年生

20才
平成 13年生

34才
昭和 62年生

38才
昭和 58年生

厄祓いの祈祷は年内いつでも、受け付けております。ご希望の方はご連絡下さい。